デジタル矯正時代の上顎劣成長・顎変形症治療実地研修

エントリーフォーム

    医院名
    職業
    氏名
    メールアドレス

    セミナー詳細

    矯正治療において、インビザラインは多くの患者様に支持されていますが、その治療には限界があることも事実です。

    遠心移動が多いケースや交叉咬合のケース、近心移動が多いケースや正中のずれのケースなど、特にリカバリーが必要な場合や、難しい動きを伴うケースでは、補助装置の導入が鍵となります。

    そのため今回のセミナーでは、インビザライン矯正のみで治療を進める中で、治療の限界に直面することがあり、特にアライナー矯正だけでは対応しきれない動きや力の制約を感じることがあった結果、TADs、スライダー、MSEといった補助装置を導入し、複雑な動きを補助装置で行い、簡単な動きをアライナー矯正で進める方針に転換した結果、治療計画の精度が飛躍的に向上した森川康司先生をお招きし、初歩的な内容からトラブルシューティングまで、症例を通じてお話して頂きます。

    補助装置を使用することで、例えば今まで妥協せざるを得なかった、8番の歯の移動やEの抜歯後の歯の寄せ、遠心移動といった難しい治療も自信を持って取り組むことができるようになりますし、患者様との契約率も上がります。また、正確な治療法に基づき、適正な料金設定が可能となり、利益率も向上します。

    TADs、スライダー、MSEは、インビザラインと併用できる点が非常に魅力的です。すでに導入しておられる先生はもちろん、これからアライナー矯正を導入しようとしている先生方にも、ぜひ知っておいていただきたい情報です。少しの工夫で治療の幅が広がり、アライナー矯正の効果を最大限に引き出すことができます。

    補助装置を活用したより良い治療法を学びたい方、矯正治療のスキルを向上させたい方にとって、貴重な機会となりますので、より先進的で効果的な矯正治療を目指す先生方はぜひこの機会にセミナーにご参加ください。


    このような方におすすめです

    • インビザライン以外に引き出しがなく不安な先生
    • 非抜歯矯正を考えて矯正をしている先生
    • 安全に安心に矯正治療をしたい先生
    • 治療時間を短縮したい先生

    講義内容

    1. 補助装置がないと難しい症例とは
    2. TADsについて
    3. スライダーについて
    4. 明日からできるMSEの手技
    5. MSEについて

    講師紹介森川 康司

    2018年大阪歯科大学卒業
    2018年4月 西宮の歯科医院にて勤務
    2021年9月 大阪八尾市医療法人甦歯会もりかわ歯科にてインビザライン担当で勤務
    2021年9月 20症例 ゴールド2を取得
    2022年1月 150症例 ダイヤモンドプロバイダーを取得

    2021年9月からインビザラインを導入後、何から手をつけたらいいのかわからない状態から伊藤剛秀先生から臨床、診断、カウンセリングを学びつつ、まずは既存患者さんへのアプローチを行い、広告に頼らない集患、マーケティング、そしてチームビルディングを行うことによりわずか2年足らずで年間150症例を達成しダイヤモンドプロバイダーを取得。

    開催概要

    【対象】 簡単で安全な最新の技術臨床経験を融合させた実践的なアプローチを学び治療成果を最大化したい方
    【講師】 森川康司先生
    【受講料】 33,000円→今だけ無料
    【日程】 2024年6月27日
    【時間】 20:30~22:30
    【定員】 100名
    【形式】 無料オンラインセミナー