SEMとSEOは何が違う?効果的なSEM施策について詳しく解説!

Webマーケティング

「SEM」という言葉をご存じでしょうか?SEMはWebマーケティング手法のひとつで、ここ数年で多くの事業者が重視しはじめたものです。

しかし、未だ認知度の低い用語のため、この記事をご覧の方でも「SEOやMEOなどは知っているけどSEMは初めて聞いた」という方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、SEMについて特徴や具体的な対策方法を解説します。SEOやリスティング広告、Webマーケティングをあまり理解していない方でも分かりやすい内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

SEMとは?

Webマーケティング

SEMとは「Search Engine Marketing」の略で、検索エンジンマーケティングを意味する用語です。具体的には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを用いて、ネットマーケティングを行うことを「SEM」と呼びます。

主な対策内容としては、検索エンジンに対するコンテンツの最適化や広告出稿で、こうした対策によって検索結果の上位に自店舗・自院コンテンツを表示させることを目指します。

Webマーケティングとは?

SEMは、検索エンジンマーケティングというWebマーケティング手法の一種ですが、そもそもWebマーケティングがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

Webマーケティングとは、Webサイトやオンラインショップ、ネット広告を用いて、サービス・商品が売れるための仕組みを作ることです。例えば、ネット広告を使って認知度を高め、店舗・病院への集客活動をするのもWebマーケティングといえます。このように、Webサービスを活用してより多くの人にサービス・商品を知ってもらい集客・集患や売上に繋げていくことを、Webマーケティングというのです。

SEO・MEOとSEMの違い

SEMと混同しやすいものとして「SEO」や「MEO」があります。

SEOは、検索エンジン最適化の意味で、コンテンツを検索エンジンのアルゴリズムに最適化することで、検索結果の上位表示を目指す対策です。つまり、SEOはSEMに含まれるもので、SEM手法のひとつといえます。

MEOは、マップ検索エンジン最適化の意味で、Googleマップをはじめとしたマップ検索エンジンへの対策を通じて、検索結果の上位に表示されることを目指す対策のことです。「Googleビジネスプロフィール(旧:マイビジネス)」というツールを使用して、Googleマップに表示する情報を編集したりアクセス状況を解析したりすることで、マップ検索の上位表示獲得を目指します。

一般的には、MEOはSEMに含まないと考えることが多いですが、Webマーケティング手法として考えると、MEOもSEMの一部と考えて良いでしょう。

SEM施策の種類

Webマーケティング

SEM施策としては、主に「SEO対策」と「リスティング広告」が挙げられます。これら2つの施策でコンテンツがGoogle検索の上位に表示されれば、集客・集患や売上改善に繋がるでしょう。

以下では、SEO対策とリスティング広告の特徴についてそれぞれ解説します。

SEO対策

前述のとおり、SEO対策は「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

GoogleやYahoo!は「検索エンジン」といって、検索ワードに対して、どのような情報(サイトページ)をどのような順番でユーザーに表示するかを判断するエンジンがあります。検索エンジンには「有益なコンテンツ」「不適切なコンテンツ」を判断するための基準があり、この基準に則ってコンテンツを作成し、検索上位に表示されやすくする施策がSEO対策です。

SEO対策では、主にコラムやブログなどの形式でコンテンツ発信を行います。それぞれの記事が上位表示されるようになると、ページ自体の信用度も高まり、ページの各記事がさらに上位表示されやすくなるでしょう。このように、自店舗・自院の各ページに関する閲覧数やサイト自体の信用度向上を目指した対策がSEO対策なのです。

リスティング広告

リスティング広告は、ネットの検索結果に表示される広告を指します。

「どんなキーワードで検索した際に広告を表示させるか」を選択できるため、アプローチしたい顧客にのみ表示させられるのがリスティング広告のメリットです。また、リスティング広告では、掲載をスタートすれば即日上位表示させられます。認知度のない店舗・病院や有名なサイトを持っていない場合でも上位表示が獲得できるのも、リスティング広告のメリットといえるでしょう。

リスティング広告は、検索結果画面の最上部に表示されます。SEO対策で上位を獲得したページよりもさらに上に表示させられるので、時間をかけずに上位表示をさせたい場合や、競合が多くSEOでは勝てない場合などには、リスティング広告が非常に効果的です。

SEOとリスティング広告の違いは?

Webマーケティング

SEMの一般的な施策である「SEO」と「リスティング広告」ですが、この2つはそれぞれ費用や対策期間、対策の内容などにおいて大きな違いがあります。

SEOとリスティング広告の主な違いは、以下の5つです。

  • 費用
  • 対策にかかる期間
  • 維持のしやすさ
  • 競合の多さ
  • クリック率

以下の項目では、上記5つの違いについてそれぞれ解説します。SEMの施策方法がイメージできない方や、それぞれの対策手法について理解を深めたい方には有益な内容です。ぜひご覧ください。

費用

費用は、リスティング広告のほうが高額で、SEOは無料からでも対策可能です。

リスティング広告は、広告を出稿するにあたって料金がかかります。1クリックごとに費用が発生し、費用相場は1クリック80〜1,000円ほどです。1日ごとの予算を設定できるので、クリック数が急増しても想定外に料金が発生することはありません。同一キーワードに対して複数の広告が出稿されている場合は、予算額によって表示順位が異なるため、予算が少ない場合には不利でしょう。

一方、SEO対策は、自社でやる場合は費用がかかりません。サイトを運営するためのサーバー使用料やドメイン取得費などはかかりますが、それ以外の費用はかけずに対策可能です。

しかし、昨今はSEO対策に力を入れている店舗・病院が多く、独学の対策では効果が出にくいケースも多くあります。上位表示が獲得できない場合は「SEO対策代行業者」への委託がおすすめですが、業者を利用すると月10〜50万円ほどかかるため、予算の少ない場合には厳しいでしょう。

対策にかかる期間

対策にかかる期間は、リスティング広告は即日なのに対して、SEO対策は数か月〜1年ほどかかる場合もあるため、リスティング広告が圧倒的に有利です。

リスティング広告は、広告掲載をスタートしたタイミングですぐに上位表示が獲得できます。店舗・病院の認知度やサイトの信用度に関わらず上位表示できるのは、リスティング広告の大きな強みといえるでしょう。

SEO対策の場合は、どれだけ良いコンテンツを作成しても、上位表示させるのに数か月〜1年ほどかかるのが一般的です。これは、新規コンテンツに検索エンジンが巡回してくるまでに2週間ほどかかる点や、サイトの信用度が上昇するために時間を要するのが主な要因といえるでしょう。狙っているキーワードに対して競合が多ければ、1年経っても上位表示されないケースも多く、新しい店舗・病院がSEOを行う場合は特に多くの時間を要します。

維持のしやすさ

SEOは一度上位表示されると、表示順位がある程度維持されるのに対して、リスティング広告は掲載を終了すれば即座に上位表示から外れます。そのため、上位表示を維持しやすいのはSEOといえるでしょう。

ただし、リスティング広告でも掲載を継続すれば上位表示され続けます。また、掲載によって認知度が高まれば、掲載終了後もサイト自体が上位表示されるケースがあるでしょう。

SEOはある程度は検索順位が維持できますが、細かな順位変動は頻繁に発生するため、1〜3位を維持できない場合も多いです。アルゴリズムの大型アップデートによって、1ページ目上位から2ページ目に飛ばされてしまうケースもまれにあるため、SEO対策で上位表示を獲得できたからといって容易に上位表示を維持できるわけではありません。

競合の多さ

SEOは競合が多く上位表示が取れないケースも多くありますが、リスティング広告であれば競合が少ないため上位表示を獲得しやすいでしょう。特定のキーワードに対して自店舗・自院しか広告掲載していないといったケースも多く、その場合は必ず1位表示されます。そのため、競合の少なさと、それによる上位表示の獲得しやすさに関しては、リスティング広告が有利です。

SEOは、代行業者を入れて対策をしている店舗・病院も多く、競合が業者を利用していれば上位表示の獲得が厳しくなります。

しかし、「ロングテールキーワード」と呼ばれる、3単語程度からなるキーワードの上位表示を複数獲得して、サイトの信用度を高めるのは比較的容易です。例えば「東京 歯科」の上位表示は難しくても、「渋谷 ホワイトニング 安い」や「渋谷 インビザライン おすすめ」などのキーワードであれば、上位表示を獲得できる可能性があります。こうしたロングテールキーワードを手堅く狙うことで、集客・集患効果を高めることは可能です。

クリック率

昨今では、リスティング広告を読み飛ばして広告枠の下(自然検索枠)から閲覧していくユーザーが増加しています。そのため、クリック率はリスティング広告よりもSEOのほうが高い傾向があるといえるでしょう。

多くの人がスマホで検索を行いますが、PCに比べてスマホの検索結果画面は「スポンサー(PC版:広告)」という文字が目立ちやすく、クリックを避けるユーザーも多いと考えられます。

しかし、クリック率はユーザーによって異なるため、一概にリスティング広告のほうが低いとはいえません。使用デバイスによる見え方の違いやキーワードごとのユーザー属性によっても、クリック率は異なります。リスティング広告は、あくまでクリック率が低い傾向があるだけで、まったくクリックされないわけではなく、SEOで1位を取るよりも効率よくアクセス数を稼ぎやすい手法であると考えておくと良いでしょう。

SEOとリスティング広告の効果的な使い分け方

Webマーケティング

上記のように、SEO対策とリスティング広告ではさまざまな違いがあるため、適したシーンは異なります。予算や対策に割ける時間、重視するポイントなどによって、どの施策にどの程度時間をかけるべきかが変わってくるでしょう。

以下では、店舗・病院の状況や重視するポイントごとにSEOとリスティング広告どちらを使用すべきかについて解説します。これからSEMを始める方は、ぜひ参考にしてください。

SEOが効果的なシーン

SEMの中でも、SEOが効果的なのは以下のシーンです。

  • 対策費用がかけられない場合
  • 情報発信も重視する場合

以下では、上記2つのシーンについてそれぞれ解説します。SEOとリスティング広告どちらに重点を置くべきか悩んでいる方は、まずこちらをご覧ください。

対策費用がかけられない場合

対策費用がほとんどない場合には、SEOが効果的です。SEOであれば独学でも対策ができ、無料で活用できるツールも複数あるため、予算がない場合でも対策しやすいでしょう。また、SEOに関する情報はネットや書籍で簡単に学べるため、自社で対策しやすいSEM施策といえます。

多くの店舗・病院で使用されている無料SEOツールは「Googleアナリティクス(インサイト)」です。このツールでは、サイトの各ページに関して「閲覧数」「滞在時間」「離脱率」などを解析できます。さらに、閲覧数が増えれば「アクセスユーザーの属性」なども解析可能で、SEO対策やサイト運営にとても役立つでしょう。

情報発信も重視する場合

情報発信を重視したい場合も、SEO対策が効果的です。SEO対策では、主に記事コンテンツの発信を通して各ページのアクセス数向上とサイトの信用度向上を目指していくため、情報発信をしながらSEM・SEOを行えます。サービスに関する情報を世間に発信していきたい場合はSEOがぴったりです。

ただし、好きなことを好きなように発信しているだけだと、SEO・SEMの効果が出ません。検索ユーザーについて解析し、上位表示を狙うキーワードを選定したり競合について調査したうえでより良いコンテンツを発信しなくてはいけないため、ただ情報を発信したいと考えている方だと少し窮屈な印象を持つでしょう。

リスティング広告が効果的なシーン

リスティング広告が効果的なシーンは、以下の2つです。

  • SEMの対策してすぐの場合
  • 新規開業時で競合が多い場合

上記2つのシーンについて、以下で解説します。リスティング広告の運用を検討されている方は、以下の内容を参考にしてください。

SEMの対策してすぐ・新規開業時

SEMを対策して間もないタイミングや新規開業のタイミングは、リスティング広告が効果的です。SEM対策を始めたばかりのタイミングや新しい店舗・病院は、コンテンツを上位表示させるのに時間がかかります。そのため、リスティング広告で即座に上位表示を獲得したほうが効率的なのです。

リスティング広告で上位表示を獲得して、サイトの閲覧数を安定して増やせれば、対策初期から良い結果を出せるでしょう。SEMによる集客・集患で売上が伸びれば、その分をSEM対策費用に充ててさらに対策を強化することもでき、良い循環が生まれます。

競合が多い場合

SEM対策にかけられる費用が潤沢にある場合も、リスティング広告がおすすめです。リスティング広告は、月間検索数が多い人気キーワードほど高額になりやすいため、費用が潤沢にあるほうが効果的に活用しやすいといえます。リスティング広告に費用を割けば、人気キーワードで上位表示を獲得でき、アクセス数の増加が期待できるでしょう。

ただし、SEM対策費用をすべてリスティング広告費に充てるのはおすすめしません。SEMは、SEOとリスティング広告(場合によってはMEO)を効果的に組み合わせることで大きな効果を発揮します。そのため、費用バランスを考えたうえでSEO対策におけるツール購入や代行業者の利用といったかたちで費用を割くのがおすすめです。

まとめ

SEOやリスティング広告をはじめとした検索エンジンマーケティングを指す「SEM」を適切に行えば、大きな集客効果が得られます。SEMによって認知度が高まれば、安定した集客・集患と売上が確保できるほか、利益をSEM対策に充てることで、よりSEM対策の効果を発揮しやすくなるでしょう。

SEMは、SEOとリスティング広告をどのように組み合わせるかが重要です。SEMにかけられる費用額や重視したいポイントによって適したバランスは異なりますが、適切な費用バランスを考えることで効果的にSEMを行えます。本記事でご紹介したポイントを参考にしながら、店舗・病院に適したSEMを行ってみてください。

TOP