SEO対策

お客様と一緒にSEO戦略を考えております!

表面的で一時的な効果ではなく、成果を前提とした
長期的な効果が見込めるSEOをお届けします。

SEOの目的は、アクセス数を増やしたい、認知度を上げたい、テストマーケティングを行いたいなど様々です。
私たちは、お客様がWEBサイト上で抱えている問題・課題を詳しくヒアリングし、もっとも重要な目的を特定したうえで、集客目標達成のために最適なSEOをご提案いたします。

SEO対策を行う意義

WEBサイトをインターネット上に公開する本来の目的は、商品・サービス・情報を多くの検索者にリーチさせることによる収益や認知の拡大です。

しかし、SEO要件を満たしていないサイトはGoogle検索アルゴリズムから適正な評価が得られないため、コンテンツや被リンクが増えても検索上位に表示されません。
上位表示できていないWEBサイトは、より上位に表示された情報に対して満足が得られなかったユーザーが熱心に検索結果を読み進めなければならず、WEBサイトへの流入増加は見込めません。

WEBサイトの最終目標

最終目標は、「公開(リリース)すること」ではなく、注文やお問い合せといった「コンバージョンを得ること」や、よりたくさんの人に見てもらう「認知の拡大」などです。
これを果たして初めてWEBサイトを公開した意味が生まれます。
そのために最優先で取り組む施策の一つが、Google検索で上位表示させるための「SEO施策」です。



多くのお客様は、このような問題を抱えています。

検索表示順位が下がってきたので、WEBサイトへの流入が減っている。

WEB分析のノウハウが無いから訪問ユーザーの行動が読み取れず、施策自体がわからない

成果が見込めるSEOを施策するにあたって、適切な予算がわからない。

SEO対策を行なった後の成果を測るのに明確な評価基準をイメージできない。

WEBサイトの現状把握ができていないので、そもそもクリアすべきSEOの施策がわからない。

適切なSEO戦略をご提案します。

WEBサイトがSEO要件を満たしている場合

WEBサイトがSEO要件を満たしている場合、コンテンツの増加・コンテンツの質の向上・優良なWEBサイトからの被リンク増加によってGoogle検索アルゴリズムに高い評価を受け、安定した検索上位表示が維持できるので、サイトへの流入が期待できます。

しかし、SEO要件を満たしていないサイトはGoogle検索アルゴリズムから最適な評価が得られないため、コンテンツや被リンクが増えても検索上位に表示されません。
上位表示できていないWEBサイトは、より上位に表示された情報に対して満足が得られなかったユーザーが熱心に検索結果を読み進めなければならず、WEBサイトへの流入増加は見込めません。

検索アルゴリズムの変動に応じた最適化

Google検索アルゴリズムは常に改良され、SEO対策のトレンドも変わってくるため、過去にSEO要件を満たしていても、現在要件を満たしているとは限りません。
弊社ではお客様のWEBサイトのSEO要件を調査分析し、”現在の”Google検索アルゴリズムに最適とされるSEO対策を行います。

特徴

WEBサイトの目的と期待する成果を十分にヒアリングしたうえで、目標達成のために適切なSEO戦略の設計を行います。

1.WEBサイトの「目的」と「成果」明確にしてます。

WEBサイトがどのような目的で運用され、検索上位表示した結果どのような成果を期待するのかを明確にし、それに伴った最適なSEO戦略を提案します。

2.優良なキーワード選定で適切に幅広く「認知」を拡大し、確信の高いユーザーからの「集客」を実現します。

現在のGoogle検索アルゴリズムに則して、お客様のビジネスにあった業種、キーワードをしぼり込み、ロングテールからビッグキーワードまで、成果に繋がる施策をご提案します。

3.SEO施策中に明らかになった課題に対して、施策の「拡大」「変更」を再提案します。

SEOの施策実施中に顕在化した新たな課題に対して、お客様のWEBサイト運用の改善を提案します。SEOだけではなく、その先にある成長戦略を提案します。