動画制作事業

「動画は価値を伝える共通言語」

動画を容易に視聴できるようになった現在、多くの企業がビジネスをアピールするために動画を活用しています。
その活用の仕方は動画を単体のものとしてではなく、マーケティングを実践成功するためのプロセスに組込まれ、買い手の検討プロセスに応じた企画や案を考える必要があります。
マーケティングの中で、「わかりやすさを伝える重要ツール」として存在する動画、多くの時間を使ってクライアントとコミュニケーションをとり、クライアントの戦略や希望、発したいメッセージ、願いを共有し制作いたします。

人事・総務関連のインナーブランディング動画や、医療関連動画、調査動画とニッチな領域の動画制作をメインに、海外向けプロモーション動画、TV-CM、市町村関連プロモーション動画を制作。

動画制作

インナー動画

会社のビジョンやミッション、行動指針。
会社が大切にしている「価値観」を伝え、社員が自社の目指している未来を認識しモチベーションアップにつなげる動画。

人材教育動画プログラムパッケージ

採用募集時(ターゲット採用動画)の動画から研修動画(コミュニケーション動画まで)1年単位のパッケージ。
ターゲット採用動画・パーソナライズ動画・ブランディング動画・コミュニケーション動画、それぞれ単独でも承っております。

医療関連動画

看護師養成教育用、講義反復教材、OSCE収録教材、コメディカル研修、学会発表用、研究記録など幅広く対応。

調査動画

都市開発など、アンケート調査部分をインタビュー動画で行う。
紙アンケートより自由度が高い。

制作の流れ

1.受注

動画制作 制作の流れ 受注
映像を制作する目的やご希望イメージ、使用する媒体、予算などについてヒアリングいたします。

2.調査・分析

ヒアリングした内容を元に、対象調査(年代、性別など)・動向調査・未来調査を行います。
動画制作 制作の流れ 調査・分析

3.企画・構成

動画制作 制作の流れ 企画・構成
映像の仮構成(シナリオ)を作成します。
絵コンテやナレーション・原稿などの仮構成案をご提出いたします。
提出した仮構成に対してクライアント様との意見交換を行い、修正を何度か行いすり合わせを行います。
クライアント様に満足していただくまで話し合います。

4.撮影手配

カメラ・照明などの撮影機材の準備、カメラマンの手配、撮影スタジオの手配、出演者のブッキング、撮影時の弁当の手配などを行います。
動画制作 制作の流れ 撮影手配

5.企画構成案確定

動画制作 制作の流れ 企画構成案確定
撮影手配の確定・撮影スケジュール・撮影予算書を作成します。
撮影小道具などの作成・撮影備品の準備をします。

6.撮影

ご了承いただいた構成を元に撮影を行います。
当日セッティングとして出演者の導線確認、機材保護、危険回避確認、衛生確保などを行います。
動画制作 制作の流れ 撮影

7.編集準備

動画制作 制作の流れ 編集準備
テキストのデザイン、映像素材の加工、グラフィックデザインなどの編集機材の準備を行います。

8.撮影データ処理

撮影データを編集データへ変換します。
動画制作 制作の流れ 撮影データ処理

9.編集

動画制作 制作の流れ 編集
本格的な編集をする前に映像をラフイメージでつなぐ仮編集を行います。
仮編集ができたらクライアントにご確認していただきます。

10.本編集

文字テロップ、グラフィックを挿入します。
ナレーションやBGM・効果音の挿入、最終的な音の調整を行います。
この工程をMA(Multi Audio)と呼びます。
動画制作 制作の流れ 本編集

11.完成試写

動画制作 制作の流れ 完成試写
完成した映像を試写していただきます。
ここで最終確認を行い、仕上げていきます。

12.納品

DVD・Blu-rayやPC・WEB用のデータなど、用途に応じた形でご納品いたします。
動画制作 制作の流れ 納品